少林寺拳法 武道研究会

開祖、宗道臣先生が祖父から学んだ不遷流柔術
大日本帝国の軍部で学んだ
大東流合気柔術合気道
戦時中に
中国で学んだ各種武道(少林寺他)、
戦後学んだ
八光流柔術から技の本質を研究します。
開祖、宗道臣先生は祖父の宗 重遠先生から不遷流柔術を学んだそうです。

不遷流柔術の開祖は、幕末の曹洞宗の僧侶「拳骨和尚」と呼ばれた
武田 物外先生。





宗道臣先生は戦後昭和23年11月16日、

丸亀市での八光流地方講習会に中野道臣の旧姓で参加し入門したとのことです。

この時に
八光流柔術の初段技を一通り学びました。

八光流柔術は、
大東流合気柔術をもとに初代・奥山龍峰先生によって創始された護身術です。





大東流合気柔術
は、会津藩の上級武士にのみ極秘裏に教授された武道。

会津藩家老 保科頼母(
西郷頼母)先生が、

会津武田氏の武術家
武田惣角先生に

御式内(おしきうち)の技法を伝承され

武田惣角先生から
合気道の創始者植芝盛平先生らにも伝承されました。





大東流合気柔術
は、 戦時中後に

植芝盛平
先生や弟子の富木謙治先生により

諜報機関スパイ養成学校の陸軍中野学校

陸軍憲兵学校
、陸軍戸山学校、海軍大学校等で教えられたという。

宗道臣先生は大日本帝国陸軍の特務工作員であったことから

軍事訓練で大東流合気柔術と合気道をある程度学んでいたと思われます。





開祖が学んだ環境をを考えると少林寺拳法の
柔法技の多くは、

不遷流柔術大東流合気柔術八光流柔術合気道の技と

中国で学んだ武道融合し創意工夫され作られているようです。

このことから技の真髄を追究するにはこれらの武道を一つの手本にするのは有効であり、

少林寺拳法だけでは得られない新しい発見が無数に存在します。

技のバリエーションの豊富さに感嘆し、
発想の転換が必要であったと思い知らされます。

もちろん、反対に
少林寺拳法の優れた部分も再発見できると思います。





八重の桜で注目を浴びる会津藩ですが、

戊辰戦争で
西郷頼母先生や武田惣角先生がもし戦死していたら

大東流合気柔術は歴史の闇に埋もれ

大東流合気柔術、八光流柔術、合気道は現代に存在しなかったかもしれません。

少林寺拳法の柔法の多くも、今の法形としては存在しなかった可能性があります。

命懸けでこの世にすばらしいこの武道を残してくれた

先人の先生たちに深く敬意を払わなくてはなりません。



不遷流 

肘抜き前天秤


少林寺拳法武道研究TOP
 龍華拳
逆小手
諸手逆小手 
合掌逆小手
逆合掌投
握返
逆手投
巻小手 
小手投
裏返投
巻込小手
龍投
外巻天秤 
片手送小手
両手送小手 
諸手送小手投 
送捕
木葉送
送合掌
熊手返
吊落
送巻天秤
送肘攻
送指返
送横天秤
送突倒
送四指捕
送閂小手
表熊手返
送肘攻表
振捨表投
腰挫
片手押小手 
両手押小手
小手巻返
抜打押小手
十字小手
略十字小手
両手十字小手
諸手十字小手
巻十字小手
切小手
切返小手
切返巻天秤
切返天秤
切返投
片手投切返
諸手切返投
木葉返 
丁字投
合掌丁字
合掌突落
逆木葉返
木葉丁字
送合掌木葉投
 五花拳
上受投
上受逆手投
上受背投
押受投
押受巻投
片手投
送片手投
逆片手投
両手片手投
諸手片手投
合掌片手投
閂片手投
片手閂投
両手閂投
閂内天秤
閂外天秤 
押閂投内
押閂投外
仏骨投
払仏骨投
後仏骨投 
逆天秤
引天秤
天秤投
逆引天秤
合掌引天秤
 
金剛拳 
腕十字固
送り固
送指捕
送天秤捕
閂送
前指固
押え指固
前天秤固
前腕固
裏固
立一字固
背越一字固
後腕固
閂固
木葉固
三角固
吊上捕
外逆手捕
内逆手捕
十字固
吊上裏固
蜘蛛絡
立合掌固
裏合掌固
裏膝固
合掌送捕
龍固
羅漢拳
袖巻
袖捕
袖口捕 
袖口巻
袖巻天秤
逆袖捕
袖巻返
袖十字
後袖捕
後袖巻
上膊捕
引落
片胸落
引胸落
両胸落
腕巻
巻落
外巻落
襟十字 
送襟捕
手首捕
丁字捕
後襟捕
四組腰投
前髪捕
帯捕
半月首投
巻打首投
掬首投
矢筈投
首締投
十字投
拳締捕
表投
裏投
後刈倒
逆袖巻
袖捕内天秤
袖巻返裏
送襟捕表
四組内天秤
後首投
首締投表
肩打投
虎倒二種
挟倒各種
伏虎倒各種
 
 
 
 
 
 
サイト管理人宛 メール先 info@kibitan.net
 Copyright 福島県武道研究会  All rights reserved




少林寺拳法で護身術 自然エネルギー 仙台婚活 がんばろう福島 エネルギー革命 マクドナルド料金表
生活リンク 地域メディア  アジアブログ  福島応援  仙台復興 日本のスゴイ所
婚活郡山 婚活福島 婚活山形 パーティ仙台 パーティ福島 パーティ山形 パーティ郡山